近江高校の2選手

公開日:

カテゴリー: スポーツ


一昨年の夏、甲子園準々決勝の近江対金足農は今でも忘れない。

金足農絶体絶命の場面から、終わってみればツーランスクイズでサヨナラ勝ち。

その勢いのまま金足農は吉田投手を要して準優勝、素晴らしい大会だった。

ただ、その当時の近江ブルーには大会でも大活躍した二年生投手・野手がいた事も鮮明に思い出す。

1人は好左腕の林優樹投手、もう1人は歴代大会最高打率を記録した住谷湧也外野手だ。

そんな2人が揃って社会人野球の西濃運輸へ、今後の活躍が今から楽しみで仕方ない。

林投手はソフトバンクの和田投手のように。

住谷選手は同ソフトバンクの内川選手のように。

社会人野球で活躍しプロの世界へ繋げてほしい。

TVでしか観た事のない2人がプロ野球の球場で観戦できる事を願って。